薬剤師取得方法について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

薬剤師取得方法

薬剤師は安定した人気を得ている資格です。

就職・転職に有利なほか、結婚や出産によって仕事をやめた女性が復職しやすい資格としても知られています。

薬局のほか、ドラッグストアなど働く場が非常に多いのも魅力です。

そんな薬剤師の資格は国家資格。

国家試験に合格することで取得することができます。

専門性の高い資格だけに受験資格も設けられており、「大学(短期大学を除く)において、薬学の正規の課程を修めて卒業した者、および見込みの者」「外国の薬学校を卒業し、または外国の薬剤師免許を受けたもので、厚生労働大臣が相応しい学力及び技能を有すると認定した者」となっています。

なお、2006年から大学は6年制になっており、資格取得までに時間がかかるようになっています。

そのせいか薬学部への志望者が減少している傾向を見せています。

試験科目は4科目。

「基礎薬学」「医療薬学」「衛生薬学」「薬事関係法規及び薬事関係制度」となっています。

受験料は6800円。

業務は多岐に渡ります。

代表的なものとしては医師や歯科医師の処方箋に基づいて調剤をすること。

それから医薬品の販売を行うことです。

また、医薬品メーカーの新薬開発などに携わる場合もあります。

収入は業務や雇用環境によって大きく異なる傾向があり、かなりの格差がつく場合もあります。

大学に通う授業料が高くつく資格ではありますが、取得すれば安定した雇用環境を得ることができる資格となるでしょう。