年会費無料のETCカードでおすすめはある?クレジットカードランキング

ここぞというタイミングでトラブルが起きる方っていますよね。

というのもこの前年会費無料のETCカードを利用しようと思って財布の中を見ても見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやら紛失してしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ひとまずカード会社にETCカードの利用停止の連絡をしようと思い、紛失盗難デスクに電話をしたところそのまま再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料が発生しますが手続きをしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように急なトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の料金所でみなさんはどのような支払い方法で支払いをしますか?社用車でETC車載器を搭載していなかった場合など一般レーンを使う方もまだいますが高速を利用する方のほとんどが年会費無料のETCカードを使っての無線通行をするという結果が出ています。

では、ETCを使うとどんなメリットがあるのか少し調べてみました。

最も大きなメリットとして、高速出口の料金所で券や現金を係員とやりとりする時間がなくなり渋滞が起きにくくなります。

もう一つの大きなメリットは夜間割引などの料金割引が適用されることです。

特に割引前と後で差額が大きいことで有名な東京湾アクアラインを例にすると一般レーンでの普通車料金が約3000円のところ、割引適用でETCレーンでは800円と半額以下になります。

ETCカードを作っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレジットカードです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか所有していないという方は基本的にクレジットカードを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

銀行のキャッシュカードで作れない理由としてはETCレーンを通過するときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと新しい口座にお金を移動していて偶然口座にお金がなかった場合に料金所出口で通過ができなくなってしまうからです。

よく「大学生のうちにクレジットカードを作っておこう」と言うアドバイスをする人がいます。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレジットカードの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、学生専門ローンの中にはポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車で旅行したいと考えている方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

学生のうちからネットショッピングなどでクレジットカードを利用・返済することでカード会社と個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってからローンなどが組みやすくなります。

大学生になって車の免許を取ったばかりという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひ年会費無料のETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの入手方法は大きく2つに分類されます。

各クレジット会社から発行しているクレジットカードタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合はクレジットカードの申し込みとにETCの申請ができ、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは発行時に最低4万円の保証料を預ける必要があります皆さんはETC カードを申し込む際にどういった部分をチェックしてカードを申し込みましたか?所持しているクレジットカードからそのまま発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費無料かどうかをチェックして申し込んだ方もいると思います。

ここではまだ年会費無料のETCカードを持っていない方に向けて他の方が申し込んだときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速道路を利用することが少ない方は年会費や更新費用がかからないETCカード、利用頻度の多い方はポイント還元率で選ぶ方が多いようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのクレジットカード支払い時にポイント還元率が高くなっているものや自営業の場合、仕事用と私用でカードを分けるために複数枚持つ方もいるようです。

自動車免許を取って友達と車で遠出をする際に首都高などの各種高速道路を利用すると思います。

そんなときにあると非常に便利なのがETCカードです。

たまに料金所の一般レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

ETCレーンが利用できれば無線通行なので料金所をスムーズに通過できます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、クレジットカードをすでに持っている場合は問題ないですが新しくクレジットカードを作るときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

皆さんは普段、高速道路を通行する際にETCカードは利用されていますか?もし使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が使えない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞をできるだけ回避して通過できます。

使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

持っていない方が手に入れるには基本的にクレジットカードが必要になります。

すでにクレジットカードを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですがサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。多くのETCカードが年会費無料で作ることができますから、 クレジットカードを作るときには同時にETCカードを申し込むことをおすすめします。

参考:ETCカード年会費無料のおすすめ11選【2017年最新】

持っていない方やサブクレジットカードを作ろうとしている方向けに様々な面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどに代表される年会費無料の会社がいいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高く他にも特典のつく楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

皆さんはクレジットカードの利用額はどうやって管理していますか?特にカードを複数枚お持ちの方は管理が大変ですよね。

特に独立してプライベート用や仕事用でカードを分けている場合、確定申告をする時に利用履歴や明細をまとめる必要があります。

これはETCカードの明細でも同じ処理が必要になります。

クレジットカードでは各カード会社で照会をする必要が出てきますがETCの場合は「ETC利用照会サービス」というwebサイトでカードごとに過去の利用証明書・利用明細の確認ができます。

レンタカーで利用した明細が必要ならばレンタカー会社へ事前に確認をしなければレンタカー会社へ情報確認をしないと照会ができなくなってしまうので気をつけましょう。

車の免許を取った学生の方の中にはクレカに対する不安でETCカードだけ作りたいという方も多少はいると思います。

そんなクレジットカードはいらないという方向けにETCパーソナルカードというものがあります。

このカードは発行時に補償金を預ければ誰でも作ることができますが平均利用額が5千円単位で切り上げた額の何倍もの金額を補償金として発行元に預け入れなければなりません。

逆に言えば、補償金を預けることさえできれば長期滞納などでクレジットカードを作れない方でも発行できます。

クレカ会社発行のカードとの大きな違いがこの点です。

他には、毎年必ず年会費がかかりその額も通常のETCカードよりも高いです。

車の免許を取ったばかりの方の中にはETCカードを持っていないから親からカードを借りてくる。

という学生の話を見かけます。

ETC制度の技術的・仕組み的には他人名義のカードでも利用できますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りはしないでください。

なぜかというと、クレジットカードの利用規約に本人以外の利用禁止という文が載っているからです。

仕組みを簡単に書くとETCカードもクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード所有者の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードを作った名義人とカード会社の信用を前提にして成り立っています。

たとえ家族だとしても名義人以外の信用関係が成り立っていない人が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですがいろんなカードがあって選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードを何種類か紹介します。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月に使用するとポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できるのが人気です。

次に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの年会費は540円かかります。

年会費がかかるのが気になるという方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車が必要なくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを持っている方はカードの解約を考える方は多いのではないでしょうか。

クレジットカードと両方とも解約するパターンとETCカードのみ解約する2通りがあります。

手続きに関しては電話、郵送、webなど各カード会社によって異なります。

郵送の場合は1週間前後、電話のみで手続きが可能な場合は即日というように手続きが終わるまでの期間に幅がありますので郵送したから即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したら、磁気テープ部分とICチップ部分を読まないように真二つに切断し、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

高速道路の料金所で止まらずに通過できて便利なETCカードですが少し疑問に思ったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結論から言うとバイク用のETC車載機も存在します。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダーとアンテナが別れた「別体式」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少なく済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、正常に動作させるためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目がコンパクトになり、シート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。