ジョギングダイエット 効果について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

ジョギングダイエット 効果

ジョギングダイエットは、ジョギングを取り入れることによって体重を減らそうという目的で行うものです。

この効果に関して調べてみました。

ジョギングは有酸素運動なので、酸素を体内に取り込むことによって脂肪の燃焼につながると考えられることから注目され始めています。

ジョギングだけをダイエット方法として取り入れるのは、効果も上がらず実は危険だらけのようです。

ダイエットは食事の見直しを行い、補助的に運動を取り入れること、あるいはその逆の方法で体重をバランスよく減らしていくのが理想的と考えられています。

普段、運動をまったく行わない方が急にジョギングを行うことで、心臓発作を起こす事もあるといわれています。

特にコレステロール値が高い方などは、要注意とも言われています。

また、ジョギングを行った後で食事を、いつも通りに摂ってしまったら、ダイエット効果もなくなってしまいます。

ジョギングだけでダイエットをしようとすると、10~20分程度のジョギングでは効果はまったくありません。

マラソン選手のように、高地で20キロ以上の距離を同じペースで走るなどの制約をつけないとかないません。

もし、効率よく有酸素運動を取り入れてダイエット効果を高めたいというのであれば、少し早足でペースを保ったウォーキングをお勧めします。

無理なく長い距離を同じペースで運動できるのは、ウォーキングのほうがダイエットには有利だと考えられます。

急なジョギングダイエットで筋肉痛にかかり挫折してしまっては、元も子もありません。

無理なくゆっくりダイエットをしましょう。