ホテル系の求人状況について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

ホテル系の求人状況

ホテル業界といえば以前は引く手あまたの売り手市場というのが一般的なイメージでしたが、経済危機の影響でここでも求人数が激減しており、一気に狭き門となってしまった感があります。

これはホテル系の求人誌などを見ても一目瞭然です。

また昨年の前期はいったん持ち直したかに見えた景気も、今年に入ってから再度低迷しており、いわばダブルパンチを喰らった状態とも言えるでしょう。

こうしたホテル系の求人状況の悪化は、特に地方のホテルにおいて顕著です。

以前であれば1週間の予定であった家族旅行は3泊4日に短縮され、また1泊2日だったビジネスマンの出張も、その日のうちにとんぼ返りというようなことが増えたためです。

ホテルはたとえ小規模のホテルに見えても、実はお客の目につかない部分でひじょうに多くのスタッフが仕事に従事しています。

清掃スタッフや、警備員、客室係やポーター、またレストランの厨房など、1件のホテルが建つことによってさまざまな雇用が生み出されます。

地方都市のホテルなどでは、地元の就職の最も大きな要となっていることも良くあります。

とは言え、都市部においては低迷しているホテル系の求人状況もかなり様相が異なってきます。

特に首都圏においては世界のトップクラスのホテルが、現在でも続々とオープンし続けており、しかもいずれもひじょうに規模が大きいものばかりです。

こうした状況にあっては、どのホテルも生き残りをかけてのサービス合戦となり、あらゆる面で一切サービスに抜かりやミスが無いように必死です。

こうしたホテルウォーズは求人状況にもダイレクトに反映され、首都圏では優れた人材は引っ張りだことなっています。

ホテル系の就職活動で成功を勝ち取るには、1にも2にも自分を磨くことが重要となります。

大学や専門学校などで行われる授業や実習内容に満足して済ますのではなく、さらに1歩踏み込んでホテル業界の隅々までを研究しておく必要があるでしょう。

また何よりも面接の時点で自分のオーラを出し切ることが大切です。