金ETFとは?について詳しく知りたい方はこちらへどうぞ

金ETFとは?

金ETFとは、2007年の8月10日に大証2部に上場した、金価格連動型投資信託のことをいいます。

金の値段に連動する債券に投資するという投資信託で、最低売買単位の10口で10グラムの金の取引価格と同じ計算になります。

金は株式市場では逆相関の値の動きになりやすい投資商品であるという特徴があります。

有事のドル、有事の金といった格言があるのですが、戦争や自然災害などが起きた時に、株式市場が万が一暴落してしまった場合には、金の値段というのは上がるという特徴にあります。

なぜこのような状況で金の値段が上がるのか、それはヘッジファンドや年金基金といった大口の投資家が株式市場が暴落した時に、資金を避難させる場所として金や土地、原油といった実物資産を選ぶことが多いので、値段が高くなるのです。

金といえば、金地金といった数千万円単位のお金を持っている富裕層の人しか手を出せない商品ばかりだったのですが、一般の人でも手軽に投資できる商品となったのが金ETFなのです。

これによって一般の人でも気軽に投資できるようになりました。

株をいったん売って金ETFにお金を回すという新しいリスクヘッジ戦略を手軽にできるようになったという特徴もあります。

今までは金は投資の対象外だと思っていた人も、これからは、金を投資の対象として考えることができるのでメリットは大きくなり、投資にも幅が広がるのではないでしょうか。

有事の金のリスクヘッジを一般の投資家でも実践できるのが特徴です。